韓国のTOPIK受験料、窓口振り込みの方法

スポンサーリンク
韓国留学生活

안녕하세요! こんにちは、ごまです!

今回はタイトルの通り、韓国でTOPIKを受けたいけど、口座がなくて受験料の支払い方がわからない
という方向けの記事になります。

決済の方法の例を挙げていきますので、申請の方法自体にはあまり触れませんのでご了承ください!

目次

2021年のTOPIK日程は?

ブログ執筆時点では以下の通りです。

上が試験日程、下が該当試験の受付期間です。

今後変更が加わる可能性もあるのでその際はご理解ください。

そもそもどんな支払い方ができるの?

TOPIK公式のこちらの動画では

 

①韓国で使えるカードで決済

②口座から直接振り込み

③仮想口座に振り込み

 

以上の三つで振り込みが可能なようです。

しかし、留学に来たばかりの大半の方は

 

「韓国のカードなんてないねんけど」
「口座もまだ作れないよ」
「仮想口座ってなんやねん」

 

という方がほとんどだと思います。

以下では口座が無く、韓国で使えるカードもない事を前提に話していきます。

そんな方達の決済手段は以下の通りです。

 

  1. 知り合いのカードを借りて決済
  2. 知り合いの口座から代わりに振り込んでもらう(カカオペイ等でもできたと思います)
  3. 銀行窓口で仮想口座に現金振り込み

 

とても仲の良い間柄なら1、2で決済しても良いかと思いますが、お金のトラブルは怖いので
個人的には3番をオススメします。

窓口振り込みのやり方

まず決済方法の選択で가상계좌(仮想口座)を選択しましょう。

受験手続きが完了すると以下の画面が表示されます。(翻訳のために編集済み)

 

 

入金銀行については好きなものを選べば良いかと思います。

入金するに当たって、日本みたいに他銀行の場合手数料がかかるかも?と思い私はウリ銀行にしました。

 

次は振り込み用紙の書き方です。

 

 

翻訳を入れてある場所以外は基本書かなくて大丈夫です。

この用紙を書いた後に、窓口にてパスポート振り込み用紙現金を出せば手続きしてくれるはずです。

銀行のシステムや振り込み方がわからなかったら、職員さんに

「입금을 하러 왔는데요~」

って言えば案内してくれるでしょう。

特に難しい手続きとかは必要ないはずなので、完了したら領収証をもらって完了です。

最後に

実際に僕が受験手続きをした際、手元に韓国のカードも銀行口座もなく、どう支払いすればいいのか…
と困り果てた事があったので、今回この記事を書きました!

皆さんが無事にTOPIKを受けれる事を願ってます!

では今回はここまでです。

오늘은 여기까지! ㅂㅂ~

 

ごま

韓国人の祖母を持つ日韓クォーターの32歳♂

20代後半から韓国の文化や音楽、語学に興味を持ち2019年4月から韓国語を学び始める。

現在仕事を辞め、韓国語学留学中。

中級を学習しながら、初級者向け情報や留学情報を発信してます。

ごまをフォローする
韓国留学生活
スポンサーリンク
この記事をシェアする
ごまをフォローする
ごまのKoreaNote
タイトルとURLをコピーしました